!すべてのスタイルはカットで決まる
ショートはもちろんロングヘアーもカット技術は重要です
カプラのヘアスタイルのバリエーションが多いのはカットの技術が優れているから!
頭の形に合わせたセクションカットで、似合うと持続と再現性を同時実現!
スキバサミを必要なところ以外使わないのがカプラ流!!
step1  カプラ独自!インナーループカット
カットをしながら間引きをし、ループさせて必要なところだけを毛量調整。インナーのみを狙って軽くすればおさまりのいい束感を作れるため、くせ毛の方でもおすすめの毛量調整です。流れを作るサイドループカットやオーバーループカットも。
STEP2  カプラ独自!スリットカット
表面を取らずに束感を作るのでまとまりながらの動きを作ることが可能。狙ったところに束感を作れるので、フェイスラインに隙間をつくり小顔に。襟足がそろってるのが嫌な方には、束感を。アウトラインをきれいにすることができます。セクションカットと組み合わせることで、ワックスなしでも束感をつくることができます。
STEP3  インナーストロークカット
ロングでもショートでも内側に細かく短い毛を作り、浮力を上げ空気感を演出します。ミドルセクションにおすすめです。
STEP4  オーバーチョップカット
毛先のまとまった束感を作り、まとまるのに動きが出ます。入れ方が上手なら持ちが悪くなることがないので、毛量の多い方、くせ毛の方などにはしっかりといれると効果的です。
STEP5  コンケープ
カットラインにくぼみを作ることでまとまりながらラフな質感を作ることができます。ラフ感はただスクだけでは手に入りません。狙ったラフスタイルを。
STEP6  バックテーパーカット
ハサミを毛先に走らせ、ダメージオフで毛量調整。ダメージ部分を狙って軽くできるので、スタイルチェンジ時にお勧めです。テーパーストロークなどもあります。
STEP7  ツイストストロークカット
直毛すぎて動きが出ない方や、強めのウエーブでまとめたくない方にお勧めの無造作カット。ポイントでもってきても◎
STEP8  オーバーエフェクトカット
トップ付近の内側に短い毛を作りふんわり立ち上げを作るのに効果的。毛先ブラントカットに合わせればボリュームが増します。
STEP9  ポイントストロークカット
ポイントで狙ったところに束感と浮力をプラス。ショートのトップやバングなどの立体感をだしたいところにおすすめです。
STEP10  オーバースライドカット
毛先の外ハネやくびれ毛先の遊びや襟足のしめなどに。セクションカットと組み合わせることでさらなる毛束感の境地へ・・・